BIOGENICS TOKYO

話題の天然腸活成分「乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)」って?

乳酸菌生産物質とは

腸内細菌と健康

人の腸内にはおよそ1000種類、100兆個もの細菌(腸内フローラと呼ばれます)が生息しています。腸内細菌は、 私たちが食べたものをエサに発酵・分解を繰り返し、増殖したり、菌が棲みやすい環境を整えながら 毎日さまざまな代謝物を作り出すことで、人体に影響を与え続けています。

その中でも特に善玉菌が作り出す代謝物には、私たちの身体が喜ぶ、多様で機能性豊かな栄養素が豊富に含まれています。

私たちのカラダにとって有益な腸内細菌が、どれだけ良い仕事をし、どれだけ良い代謝物を産生してくれているかが、健康を保つ上では大切なのです。

乳酸菌生産物質とは

「乳酸菌生産物質(バイオジェニクス)」とは、私たちの腸内に棲む乳酸菌(=善玉菌)が自然発酵することで生み出される、 健やかな日常生活をおくるうえで必要不可欠な天然の腸活成分です。

乳酸菌がカラダに良いと言われるのは、実はこの乳酸菌生産物質(バイオジェニックス) が腸内フローラを介さず直接作用する特性をもち、腸の免疫機能を刺激し、 体全体の機能活性を促し、腸内フローラにも良い影響を与えるというメカニズムのおかげでした。

従来の腸活とこれからの腸活

従来の腸活といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで直接的に善玉菌を摂取する方法 (プロバイオティクス ※1)と、オリゴ糖や食物繊維といった腸内細菌の増殖・ 活性を変化させることにより体に好影響を与えて健康を改善する難消化性の 食品成分を摂取する方法(プレバイオティクス ※2)が一般的でした。

ただし、「乳酸菌やビフィズス菌には、自身の腸内細菌と相性があり、 合わないと下痢といった不調の原因になること」や、「乳酸菌、ビフィズス菌は、 胃酸や胆汁酸で死滅してしまうこと」、「直接摂取した善玉菌は腸内にある程度の期間は存在しても、 腸内に定着しないこと」が報告されています。

そこで近年注目されているのが、「バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)」という新しい考えです。

ストレスや、睡眠バランス、食生活の乱れなどが原因となり、現代人の腸の中では、 「バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)」が作られにくいと考えられています。

そこで、おすすめしたいのがバイオジェニクス(乳酸菌生産物質)をサプリで手軽に摂取するという方法です。

BiogenicsTokyoの乳酸菌生産物質

BiogenicsTokyoの乳酸菌生産物質は、活性度が高く、人のカラダに有用な働きをすることがわかっている乳酸菌・ビフィズス菌のみを厳選し、完全無農薬・無化学肥料栽培、遺伝子組換えでない北海道産大豆を共培養、発酵熟成させることにより生まれた菌がつむいだ栄養素です。

菌がつむいだ465種類の分子の細かい「アミノ酸、ペプチド、短鎖脂肪酸、核酸、ビタミン、ポリフェノール、補酵素、etc 」がすみやかに私たちの身体に吸収され、人間本来の健康と美を引き出します。

発酵大国、日本発の時代を先駆ける効率的でスマートな腸活・菌活・育菌ライフのご提案です。

※1:プロバイオティクス:生菌として腸内フローラを介して機能するもの
※2:プレバイオティクス:腸内有用菌を増殖させて機能するもの
※3:バイオジェニックス:腸内フローラを介すことなく直接機能するもの

  • 乳酸菌生産物質に関するよくある質問